「偽界(ニセカイ)ー偽り善者どものパラダイス」 | Social Stalking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
「偽界(ニセカイ)ー偽り善者どものパラダイス」

Social Stalking 15,November,2018

「偽界(ニセカイ)ー偽り善者どものパラダイス」

ー犠牲者へ苦痛を与え続け、平然と暮らし続ける猿人間ー
時・炎怒ーThe End.』2018.11.15

 

退化ー対価
「虐待被害を受け、苦痛に喘ぐ人々に。

 信じなくてもいい。

 肉体苦痛が去りし後、

 これまで現実世界だったと感じていた場所が、

 夢世界であったことに気づき、

 心身の痛みの総てを忘却している。

 そんな苦しみの存在しない空間で、

 ふと、あの場所が、地獄の正門だったと、笑いあえる」

©️all written by windyjuly.

Hokkaido-So-ka Gakkai Newshinsya. 』

 

・2018,11,14 Wednesday

「入居契約金「詐欺」ー北海道県警からの書留返送」

 

レオパレス・パートナーズ帯広店
2018年9月、上記賃貸仲介業者の、
「宅地取引主任者」から、「賃貸契約重要事項説明」

 

大学生時代、
不動産でアルバイト経験をしたことのある私は、
宅建主任者の重要事項説明に、
耳を澄まし、うなづいていた。

 

賃貸物件契約書類に捺印し、
賃貸契約物件の鍵・受け渡し日時を確認

 

北洋銀行帯広中央支店
「契約賃貸物件オーナー名義宛」に、
「入居契約金¥150,000- + 振込手数料など」を、
即日振り込んだ

 

その後、
入居契約が、仲介業者側の都合で白紙に


約束の期日を過ぎても、
レオパレス・パートナーズ帯広店から、
白紙になった入居契約金が返納されず

 

 

「北海道県警本部宛」に、
「内容証明−¥1,200程」で、
「入居契約金「詐欺被害相談資料」一式」を送付。

 

2018,11.14、
「北海道県警本部」から、
「郵便書留」が送られてきた。

 

早朝、24間受け付けしている、
函館中央郵便局へと、
足(蘆ー考える葦ーパスカル)を運んだ。

2018.11.14受け取り済み分封筒ー1.photo

 

ー返答ー
「警察に対して、何を求めているのか、
趣旨(しゅし・内容の意味)が分かり兼ねますので、
送付された書類についてはご返送致します。」

 

2018.11.14受け取り済み分書類ー2.photo


明らかな「詐欺被害」にあっても、
税金暮らしの公務員らは、
自分のことしか考えられないのだろうー

 

もし私が「詐欺被害相談窓口・担当」だったら、
被害を訴える方々へそんな返信をしない。

 

首になる前に、

あえて自主退職し、
アルバイト探しをしている方がいい。
自身の心を売らずに、
生きていける道を選ぶー

 

※だから私は彼ら、

権力者含む使いどもを、
コスプレイヤーとしてシカ!みていねぇー!
チェブラー鹿!ピロシキッ!
(鹿ちゃん、食えるわけねぇーだろ!!)
ギズモ・モグワイの方が、かわいい!

 

道新 2018.11.15朝刊記事

「道警に、嫌がらせ電話 千回」


 

【SAISON Credit Card】
東京都中野区に本社のある、クレディ・セゾン。
西武・西友などの系列企業。

 

【amazonプライム会員ー勝手に会員登録】
上記、セゾンクレジットカードで、
いつのまにか、amazonプライム会員登録をされていた。
被害額は、¥3,900-

 

インターネット「詐欺被害」の可能性を感じ、
明細書記載のセゾン・窓口へ電話。


たらい回しにされ、
函館市〜東京までの電話代、約¥5,000-程

 

翌日、amazon担当窓口につながり、
被害金を返金処理してもらった。

 

amazon担当窓口の電話番号へ、
返金処理前日に電話。
「家庭教師の会社でございます」

 

セゾン担当から聞いた電話番号を再三確認後、
連続2〜3回かけて電話してみたが、
「家庭教師の会社でございます」

 

「詐欺被害額¥3,900 - 被害相談受付電話代¥5,000-」
マイナス¥1,100-
110番してみても、「それで、どうしたい?」受付警察官談.

 


【換金後の暴行】
函館海沿いに在る、パチンコ店で遊戯。
4連続で大当たり。
自室に戻り帰る時間が来たので、換金。

 

換金後、トイレに立ち寄ろうと、
店内に足を踏み入れると、
カウンター前で、
見知らぬ男性客に言いがかりをつけられ
左腕を2回軽く殴られた

 

その姿を見ていた店員たちに、
「この人、俺のこと殴ったよな」と確認

「殴ってねぇだろ!」と女性スタッフ。
「出入り禁止になります」と男性スタッフ。

 

呆れ果てた私は、
怒りを押し込めながら、
アルコールを流し込んで、
夜の函館山を眺めていた。

 

帰路、

公衆電話ボックスに立ち寄り、
警察へ暴行被害相談

 

電話に出た警察官は、
「それで、どうしたいの?」

 

私は受話器を壊さないように
殴りつけた。

 

後日、函館西署へ。

池田という男性警官は、

指をポキポキとオリ鳴らしながら

「それで、どうしたいのですか?」と、

私に近づいてきた。

 

言葉のやり取りにすらうんざりした私は、

署を立ち去る前に、

小声で、

「なめんなよ!」と囁いていた。

 

 

「不正医療」裁判沙汰だ!
  元妻の彼女と口論しただけで、強制監禁入院1.5ヶ月!


2017年11月、
その年離婚した元妻の彼女と、室内で口論。
「買い物に行ってくる」

 

すると、藤沢北警官「数十人」が、部屋に。
「ちょっと話を聞くだけだから」

 

「暴れてもいない」のに、
パトカーに押し込まれ、
気がつくと、
「強制監禁入院1.5ヶ月間」

 

10年前の、2007年11月頃、
イギリス・ヒースロー空港で入国拒否〜強制実費帰国後
ドライブしたり、デイトレードなどで憂さ晴らしをしていた。

 

そんな休日の朝、
「ご飯の中に、精神薬まぶしちゃってたのよ。一緒に病院へ行こうよ」って、
彼女は俺に、笑いながら囁いていたことを思い出しているー

それでも、彼女を責める気は、今、まったくない。

 

 

【追憶ー社員・シャイン!】
携帯電話会社¥0円タダ配り、
郵政民営化、
消費税「徐々に」増税政策
国民の怒りの矛先をかわすため
労働派遣法制定前後、
バブル経済崩壊後の東京ー日本国で、
社員として勤めていた。

 

平均勤務・残業時間は、
1日当たり18時間程。


早朝、風呂へ入りに自室へと戻る暮らしの連続。

 

担当してきた業務は、やりがいがあった。

 

ただ、
年配同僚や年配後輩同僚から、
残務中、
「集中して仕事に打ち込んでいると」
たびたび、
心理的モラル・ハラスメントを受けて来た。

 

「こんな夜遅くまで、仕事溜めて忙しそうだね?

 君、よく、誰とも話をしないで、仕事に打ち込めるね」と、

 

残務処理に集中していて、

「心の反応を向けられない状況の中」で、
メガネ小柄男の彼は、

私のデスクの脇に近寄り、
時折、横槍を入れられていた。

 

私は、通常期、

「数十本程の仕事を同時進行していた」ので、
無駄な労力を使わないように、
「雑音」を無視するようにつとめていた

 

メガネの小柄男は、
そんな平静を装う私に対して
「いつも深夜残業大変だね!

 そろそろ皆んな、ご飯でも食べて帰ろうか!

 皆んないなくなったら、

 このパソコンで、アダルトビデオ観れるんだよ」とか、

 

社員飲み会の席で、
「肺活量すごいのこの人!ペットボトル、

 簡単に凹ませられるんだよ!

 みんなの前で、披露してみて!」など。

 

 

奴らの、
「表面上は表沙汰にならない」ような、
「狡猾な心理的ハラスメントによるストレス蓄積」は、
私を、殺人者にしてしまう可能性を感じ続けていた。

 

そんな私の「怒号を鎮めていた」のは、
「同僚で同棲していた彼女の存在」だった。

 

これ以上、
ストレスを溜め込みながら、
業務に勤しめば、
彼女を悲しませてしまうと、

 

私はあえて、

自主退職の道を選び、
個人事業者として、
経済活動を行っていこうと決意した。


社長へ退職願を提出後、


メガネの小柄男は喫茶店で、

「君なら、退職しても、いつかベンツに乗って、
俺たちの前を通り過ぎていけるよ!」
と、
ニヤついた彼の表情を、
時々思い起こすことがあるー

 

数年後ーafter year
日本人が憎い!噛み殺して食いちぎってやりたい!」という、
民族の存在
と、メガネの小柄男の姿が重ね合わさった


社員は、サン「シャイン」60?池袋のフクロウ?666
悪魔を崇拝している連中の、気がしれねぇー!

 


2018.9.6 北海道胆振大震災で、
数千億円の被害金命を落とした北海道民たちに、
もうすぐ、雪の季節が舞い降りてくるー

 

サンタ・クロース、サタン・クロース。
ドラえもん、ドラデーモン。
クリスマスークルシミマス。

 


ウインター函館ベイ・シーエリアでは、
寄贈されたクリスマスツリーが、海に浮かび、
イルミネーション・イルミナティの灯火が、
夜の街を輝かせるのだろうー

 

2018.9.6. 北海道胆振大震災当日
函館で一緒に過ごしていた彼女との記憶。


そういえば、2012.3.11.
当時、彼女と暮らしていた一軒家で、
突如、巨大地震に襲われたことが脳裏をかすめた。

 

もうすぐ1212日。
2012.12.12から数えてみると、
6年目」の結婚記念日が訪れたのにー
昨年、離婚届けを提出していなければー

 

 

【入職活動ー就活・終勝】


インターネットで、
Sales Writingをしながら、
個人事業を続けていた。

 

架空会社の詐欺被害に遭い、
記事の送信履歴がすべてデリート
クライエント会社が突如音信不通に。

ライティング料は振り込まれず

 

個人事業主・フリーランスとして、
経済活動を継続してきた。

 

手間と時間ばかりかかる、
自主・確定申告(弥生会計・白色申告)をしても、
盗られるのは、税金と労力・時間ばかり。

 

アルバイト給与所得者の方が、
贅沢をしなければ、最低限、暮らしていける。


函館市で、職業安定所に通い詰め、
アルバイト面接を数回受けてきた。

 

北海道資本企業のコンビニエンス・ストア
「セイコーマート(現セコマ)」などで、
一冊アルバイト求人誌が¥80ー程で購入できるが、

 

函館地方裁判所の向かいに在る、
函館市職業安定所(ハローワーク)では、
毎週月曜日発行の、
「おしごと求人情報誌」無料で自由に閲覧でき
「オシゴト」を探すことができる

 


【アルバイト面接ー感想】


彼ら歳下の面接担当者は、
まるで、心理カウンセラーのように
「健康は?腰痛は?視力は?聴力は?ストレスは?」
などと尋ねてくる。

 

明日、面接合否告知連絡が来る予定。

 

やっと、道民になった今年春から、
趣味のウォーキング。

 

ストレス解消を含め、
歩き尽くしてきた函館市内。

 

運動も、経済活動・食生活・睡眠・生活リズムも、
健康そのもの。

 

しか(鹿・歯科医師?)し、
便秘気味なので、
大量に購入してある浣腸を差しながら、
トイレで電話を待つー

 

アルバイト選考に落ちたとしても、
MEGA・ストレスには慣れ親しんでいるので
死ぬまで、入職活動ー終活・終勝しながら、
天寿をまっとう(マトンー羊)して雪−THE・END「時、炎怒」


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【函館シティー・ドラッグ・ストアークスリ屋さん】
「クスリ売れ!」
「リスクがあるので」
「リスくん?」
「クンクン」
「薬剤師、小犬だな!」
「いいえ、ヤクザイシです」
「ヤクザ医師?」
「ヤクザのくせに、時給高いじゃねぇか!医師なのかい?」
「いいえ、医者じゃないです。いいじゃない」
「いい邪内?北海道の地名か?」
「わからない」
「わから内?それは北海道のどのあたりにある?」
「知らない」
「知内か!知ってるぞ!厚岸産の牡蠣より、

ちょっとお値段お安い牡蠣がいる海のとこだろ?

さっきよ、2日間通ってきた牡蠣屋で、教えてもらってきた!」


「食事されてきたんですか?」
「悩んで、食い放題が時期じゃなかったので、

『また来るって」挨拶してきた」


「それで、うちの棚のおせんべいを食べていたんですね!」
「見ていたんだ。見られていて心が痛んだ」

 

「痛んだで思い出したんだけど。たん?コタン・アイヌコタン!

コタツによく入っていたっけな、死んじまった俺の元妻の彼女」
「それでいつも、押し黙っていらっしゃるのですね」


「見えねぇのは、相手にしていないし、喋んないようにしてんだよ。

そういえば、ノラ猫ちゃんたちが、

よく「じゃれついて」くるようになってきたな!こんな寒い季節なのに」
「邪霊?」
「ジャレ憑いて来るんだよ!子猫ちゃんたちは可愛くて、

痛んだ心も、猫ちゃんいたんだ!異端・イタン?アイヌ語か?」
「知りません」
「知内から逃げたな!」
「知らない。処方せんべい、¥105円で売ってますが、

食べますか?ポイント残ってますよ」
「まだ、使わねぇ。ポイント残高、

ポイントカードに表示して、お知らせしてくれると嬉しい!」
「上司にお知らせしときますので」
「しらす?道の駅?鵡川のことだろ!」
「シシャモの産地です。ロシア産のではなくて」
「死者も?」
「医者も?」


「ちょっと前の、しときますで、引っかかったんだけどよ、

トキなんとかっていう鮭がいるよな!

マスと鮭の違いは?どう異なるんだ?どう?北海どう?」
「生鮮食料品スーパーではないので、わかりません」

「まぁ、いいや!118!そういえばさっきよー、

トイレ脇に設置してあるゴミ箱に挟まって、

指折れそうになったんだよ!」


「わかりました。改善するように、上の者に伝えておきます」
「ちゃんと、タンチョウ・ツルの羽!

もし指折れてたら、治療費もらったんだけどな!ポイントでもいい!」
「では、当店の商品で治療してください。

ポイントでお支払いいただければ結構です。

私には、そんな権限ないんですけど」


「冗談が通じない店員だな!」
「お医者さんで、治療費払うよりもお得に治せますよ!」
「自然治癒力で、「勝手」に治るんだよ!」
「買って?」
「買ってく」

 

「お会計、千円になります」
「シナイ山。千円札、裏返してみろ」
「えっ?」
「富士山が、シナイ山になる!」
「?」
「剣道道場で竹刀持って、貴様の根性叩きのめしてやろうか?」
「蚊?モスキートですか?」

「ベーブ、フマキラー!「いくら」するんだ?」
「サザエさんに尋ねてみてください」
「長谷川町子?」
「東京都の世田谷辺りに、奴が今もいるのか?」
「蚊?」
「だから、蚊取り線香、どの棚にあるのか尋ねてんだよ!」
「ベープ」
「便秘?なんで知ってんだよ!」
「私、女なので、便通不良な人の顔を見てみると、

便秘薬売りつけたくなるんです」

 

「便秘にはコーラック?コカ・コーラ?

薬屋なのに、ドリンク売ってんのか?」


「コカ・コーラーは、薬屋生まれなんですよ!」
「博識だな!余程、インターネット・サーチャーなんだな!」
「いいえ、忙しいです」
「それじゃぁ、コカ・コーラのボトルのデザイン、

女ボディーのデザインになってるって、知っているか?」
「イルカですか?フェリーに乗って来られた、観光の方ですか?」
「道民だ!昨年、苫小牧で、ドーミン・インに宿泊もしてんだ!」

 

「ゴッホッ」

 

「客の前で、咳したら、失礼しました、っていうのがマナーだろ?」
「マナティー?」
「沖縄県近海に生息しているんだろ!」
「ゴッホって、画家のことですか?」
「咳止め薬も、売りつけんのか!ヤクザイシ!押し売りじゃねぇか!」
「蚊取りのベープと、便秘に効く便秘薬「コーラック」、

咳止めの龍角散もよく効き目があるそうです。

使ったことないですが、どうぞお買い求めください。ポイントも付きます!」

「ポイント分、値引きしてみろ!」

「ミロは、取り扱っていません」
「ミロをお取り寄せしてくれたら、買いに来てやる。

見てみろ!ミロ、置いて無いじゃないか!

そういえば、牛乳加えてみると、ミロがもっと、

うまくなったんだがー駄菓子鹿?」


「あっ、蛾が飛んできました!」

「害虫の蛾を駆除するクスリも売りつけんのか?」
「ポイント、5倍です!」
「ポッ!」
「インポ・テンツなんだよ!」
「天つゆ?」
「マカ不思議!」
「マカまで、抱き合わせ販売するのか?」
「私、彼がいるので」
「勘違いするな!」
「カンチ?ガイ!キチガイだと!」
「西東京ラブ酢トーリー?」
「ブス?ひどい!セクハラ!警察に通報しますよ!」
「バスに乗って、ブスと一緒に帰るんだよ!」
「酢?ビネガー売れ!」
「酸っぱい、匂いがするんですけど」
「客に、スパイって、どんな接客教育受けてきたんだ!」

 

「そういえば、西東京って、京都アニメーションのとこだろ?」
「オタク、お住いはどこですか?」
「オタクだと?俺は趣味の幅が広いんだよ!」
「ヒロイン?」
「けっこう、かわ唯じゃねぇか!」

「韓違いです?」
「デス?DETH?死ねってことか?勘に触る野郎だな!」
「缶コーラ、あります」
「貴様!監獄に落としてやる!」

 

「2番目のお客様が、お待ちなので」

「また来るよ!今日は、カエル」

 

「じゃぁ、最後に、おクスリ、どうぞ」
「蝦夷リスちゃんに、クスリ飲ませてどうすんだ!」
「しつこいですね!ストーカーみたい」

「酢だけ、買っていってやろうか?」

「蚊?ベープなら、ありますけど」

 

「言葉通じないな!東京都には、

迷惑防止ストーカー防止条例があるんだよ!」

「私。道民なので、田舎のことはわかりません」
「田舎では、稲作が盛んなんだよ」
「ななつぼし、ゆめぴりかなどの、

北海道米も取り揃えております。お車でお越しですか?」

 

「地元なので、宅配してくれんなら、買ってやる」
「宅配サービスは、致しておりません」
「処方せん、取り扱ってんのに?」
「山幸のせんべいなら、ありますけれど」
「なら?奈良の鹿せんべい?」
「鹿ちゃん、ピロシキはありません」
「函館ドンキー・ホーテに、

いつのまにか、ピロシキパンが売っていたぞ!」


「ロシアの方ですか?」
「俺のどこが、モスクワ?」
「失礼いたしました。モスキート様。

酸っぱい匂いが、モワンとしていたので」

 

「蚊?モワン?日本人なら、酢の匂いぐらい慣れてんだろ!

オワンは売ってんのか?モスクワとモスキート、もずくは売ってんのか?」

「いいえ、生鮮食品は取り扱っておりません。百円ショップではないので」
聖戦?何人だ?」

「もう、帰ってください」
「モー?牛女のくせに。牛乳でなけりゃ、肉玉じゃねぇか!」
「騙し?」
「魂?」

「いいえ、猿女です」
「家畜か?」
「いいえ。家畜以下です」
「勝どき?イカ祭りで踊ったのか?」
「いいえ」
「イカ祭り、今年の夏、若いカップルにコース尋ねたら、

騙されたんだよ!ホラ吹きもいるんだな!」
「イカッタんですか?」
「イカリ肩?」
「死んじまった彼女が、雪虫になって、

俺の周りを飛び回っているんだよ!日高峠か、懐かしいぜ」


「イカは食べましたか?」
「真下?」
「烏賊のことです」


「道新で読んだんだけど、最近、海賊が出没しているらしいな」
「イカリを沈めてください」

 

「そういえば、死んじまった彼女と数十年前、

地球岬で、イカ焼き食ったことがあったんだよ」


「地球岬って、どこですか?」
「貴様、地元道民じゃないのか?」
「先祖代々、私は正真正銘の日本人です。

道民だからといって、

道内すべての地理を知っているわけじゃありません。

しかも、お客様より私、若いので」
「数年経てば、貴様もババアになるんだよ!

いつまでも、若くいられると思ってんのか!」


「若づくりしていきますので」
「イカの塩づくりは、置いてんのか?」
「ありません」

 

「死んじまった彼女と一緒に行った、

函館駅前の生鮮スーパーや、

今年突然無くなった、かまどやはどこに消えた?」
「スマイル・ホテルあたりですよね?」
「その歳で、なんで知っているの?」


「勝手に、口が動いて喋り出してしまいました。失礼、失言でした」
「湿原か。釧路湿原、今年行って来た、ひとりで。

バス代946円くらいだったっけ?」
「独身なんですか?」
「去年、離婚したんだよ!客のプライバシーをつっつくな!」
「すみません。おばあちゃんが、イタコなので」
「タコ?オクトパスか?」
「いいえ、審神者みたいな感じです」


「勘違いしてんなよ!クスリ盛ってやろうか!」
「結構です。薬屋の店員なので」
「リスキーな職業だな!」

 

「そういえば、地球岬って、どの辺にあるんですか?」
「室蘭あたり。ゴマちゃんが泳いでた」
「ゴマ?少年アシベのことですか?」
「あぁ、今年の春先、NHKで放送していたっけな」
「室蘭なら知っています。白鳥大橋があるとこですね」
「水族館はまだあるのか?」
「行ったことないので、知りません」

「そういえば、数年前、死んじまった彼女と一緒に、

年の瀬、室蘭の道の駅で一泊したんだ。

余市でも一泊して、羽毛布団で車中泊したっけな。大雪だった!」

「したっけ?やっぱり、道民なんですね」
「なまら、なまってんだよ!

標準語気取っていると、田舎者になるぞ!」
「都会人の観光客の方々は、みんな、丁寧ですよね。表ヅラは」
「ウイッグ?髪薄いから、帽子被ってんだよ!

10年前元妻に、精神薬を、食事に混入されちまったからな!」

 

「からな?からかっているわけじゃありません。

調味料なら、探せばうちの店の棚のどこかに置いてあります」
「からかわ?神奈川県をバカにしてんのか?

神奈川には、神もいるし、天皇もいっぱい住んでいるんだぞ!

そういえば、味の素なら、この前、¥141税込COOPで買って来た。

あと、胆振地方の被災地に、天皇陛下が行くって、道新に書いてあった」

 

「買って来たの?」
「北の?」
「北の星タクシー、呼びましょうか?」
「タクシーって呼ぶな!ハイヤーって言え!」
「どうしてですか?」
「オタク呼ばわりされているようで、

貴様を殺めてしまいそうになるからだ!」

 

「そういえば、入れ歯安定剤売ってんのか?」
「総入れ歯なんですか?」
「客に、プラベートを突く質問をしてもいいのか?」
「ポリデントなら、どこかの棚に置いてあります。」
「どこだ?」
「忘れました。レジ係専門職なので」
「専門家か。それなら仕方ない。じゃぁ、商品案内専門係を呼べ」
「言葉遣いが汚れていますね」
「まだ、歯を磨いてないんだよ!」
「入れ歯していれば、よく噛めるんですか?」
「貴様、歯科医師のように、入れ歯で苦しんでいる人へ、

アドバイスをしてみろ!クスリ屋のレジ打ち専門家なんだろ!」


「パートなので」
「パートナー?俺には、

死んじまった彼女がまだ生きているから、

パートナーにはしてやれねぇ!」
「パートです。ナーは付きません」
「俺には憑いてんだよ!なー!」
「誰に向かって言っているんですか?」

 

「そういえば、蚊のことを思い出した。

蚊取りベープ買って、貴様に煙、吹きかけてやるので」
「ありがとうございました」
「真下警部補?」
「踊る、大捜査線?」
「ジェネレーション・ギャップだな。

言葉も文化も、通じねぇ。もういいや、また来るね、じゃあな!狂え!」


「車でお越しですか?」
「しつこいな、歩いてきてんだよ!ハエみたいだな!」

 

「辻のお客様、どうぞ」
「辻堂?銅像?」
「しつこいですね、営業妨害ですよ!酔っ払い!」

 

「よう!パライ?パラサイト?」

「パラサイトなんて、お客様に、寄生虫なんて、

言えるわけないじゃないですか」

「寄生虫、って言えるわけないって、言ってんじゃねえか!

接客態度、最悪だな!」
「最悪って、まぁーひどい」
「悪玉!アクマ!」

 

「アクマではなくて、アクアです」
「アクア?マリンちゃんか?」
「休日には、パチンコ通っているんです」
「海物語?」
「そーです」

 

「もー、カエルので、ソーダ買ってカエル」
「¥105-になります」
「成増?東京「都の」板橋区のことか?」
「東京殿?北野武のことですか?」
「成増の石橋貴明、とんねるずのことだよ!」
「あぁ、とんねるずのことですか。なんとなく知ってます」
「トンネルZOO!動物園!像じゃないんだよ!」

 

「そろそろ、自室に帰ら「ないと」。夜だから」
『The Night? 15の夜?尾崎豊さんの曲?」
「知らない、知内」
「北海道民!地元なんですね」
「牡蠣の食い放題、いつもやってなくて、悔しいんだよ!」

 

「ガキ?猿蟹合戦?」
「柿の季節ですね」
「さるがき、食べ隊」
「芸能人のことですか?」
「芸が無いんだよ!」
「テレビ、好きなんですか?」
「いや、数十年間、見てねぇ!」
「面白いのに」

 

「お前んとこのポスター、目がアウト、

気分が悪くなるんだよ!」
「セブン・イレブン?いい気分」
「紀文のハンペン、おでん、売ってんのか?」
「いいえ、ドラッグストアなので」
「じゃぁ、なんで、コーラとか、菓子売ってんだ?」
「経営者じゃ無いので、知らないです」
「タラちゃんの真似か?」
「マネー、支払って、どうぞおかえりください」

「おかわりありませんか?」
「体調、オカワリありませんかっていう意味です」
「意味?英語に訳してみると、mean?」
「高卒なので、分かりません」
「俺の方が、高学歴じゃねぇか!大学中退だぞ!」


「すごい!」
「酢、買ってゴイム?」
「はい、¥516-になります」
「消費税、いくらつけてんだ?」
「数学苦手なので」
「よく、レジ打ちしてられんな!」

「俺、忙しいので、もーいいや」
「118?」
「どこにつながるんだ?」
「警察でもなく、消防署でもなく、救急車でもなく」
「ナック・ファイブ?」
「795?」
「泣く子は育つ、ということわざがあるんだよ」

 

「とにかく、2番目の客が待ってるので、今日は失礼する」
「失恋?」
「失礼って、言ったんだよ!」
「いったんもめん?」

「違法ドラッグ、取り扱ってんのか?」
「マジック・マッシュルームですか?」
「キノコとか、しいたけ、メダケを売ってんのか?」
「私、ドンキ・ホーテで働いたことがないので、わかりません」

「ドラッグ・ストアなんだかから、いっぱいクスリ置いておけ!」


「はい、病院いらずの薬屋さんを目指します!」
「おう、病院いらねぇよな!処方せんなんていらないから、
せんべいでも売っておけ!三幸のしょうゆせんべい、買ってみたら、

まずかったぞ!こんど、間違って買ったら、返品するからな!」


「レシートを、忘れないようにしてください」
「しょーもない、せんべいは、処方せんもいらねえだろ?

こんな紙切れ出すだけで、医者は金毟し取るんだからな!

むしる?虫?無視?蒸し器はあるか?フィスラーとか?」
「ヤマダ電機五稜郭店に行ってみれば、

売っているんじゃないですか?」


「売ってなかったら、貴様の体毛をむしり取り、

猿人間って、心の中で、囁いてやる!64!」
「そういえば、処方せんのお話しは、どうされましたか?」
「処方せんも、市役所も、住民票や戸籍謄本一枚出すだけで、

数百円盗るんだからな!いい商売だな!公務員ってのは!」

 

「法律で決まっているので、医師の処方せんが必要なおクスリは、

病院へ行って、診断してもらってください」
「どうして、クスリもらうのに、医者の処方せんが必要なんだ?

病院に行って、直接時価でクスリ売ればいいじゃねえか!」


「法律で決まっていると思います」
「話しにならねぇな!二言目には、法律法律って、

誰が決めて来たんだよ!律ちゃんか?」
「私は、権力者ではないので」
「悪かった」

 

「病院行けば、リスク・クスリ売ってくれんのかい?

漢字を見てみると、楽しいに草冠をのせてごらん!クスリッ!」
「調剤薬局で処方せんを出してもらってください」


「誰に、処方箋書いてもらえばいいの?」
「さっき、おっしゃっていたじゃないですか。

もう忘れたんですか?石屋です」
「医者?健忘症ではなく、少し酔ったみたいな♪」
「石屋」
「あぁ、墓石屋のことかい」
「貝殻でも良いかい、医師会?」

 

「ローリング・酢豚ーズ。転がり続ける石ころのことだろ?英国の国旗、

よく見てみると、漢字で「米」って書いてあるように見える。

米国は、どうなるんだ?」
「私、パン食なので、ライス元国務長官のことは知りません」


「そういえば、尻の穴が、妙な感じ。トイレにでも寄って、少し酔ってカエル」

「次のお客様。2番目でお待ちの方、どうぞ」
「銅像って、カタブツじゃねんだよ!もう、買ってやんねーからな!」


NEXTーUP予定ラインナップ
【DAIー大嘘SOーDA!】
退会済みカルト宗教団体
極寒公衆便所で一泊ー爽快な朝の公園

すき家ーYokohama
「すたみな太郎」
焼肉食べ放題突如閉店ー足立区本社
隣りのペットショップー焼肉店!

 

ロシア正教ー函館市内「ハリストス正教」
ハリストス正教近くの「生協ーCOOP」
胆振大震災時、今も亡き彼女と買った奉仕価格の食料品

 

芸能人ー「芸NO!」「SHIROBAKO(白箱)」
・汚ねぇ〜牡蠣の貝殻の方がマシ!(猿箱)©️
猿人間ー人間だと思い込んでいる生物ー

 

函館市電アニメディア・キャラクター・カレンちゃん
「ものまね・パクリ・キビシーッ」
死んじまった彼女のイメージが破壊・崩壊

 

函館駅前棒二150周年
rie-20191月閉店(rie嘘?
151周年!足してみるとラッキー7セブン・リニューアル?OPEN!」

151周年(憩い151)もー、マンションいらねー!

もう牛乳「猛牛市」函館市民人口減少中なので!」
「猿は去れSALE!!! イオン・31日間連続みそか市!

毎日開催!消費税サービス!すべて、税込価格で!」

 

かき食べ放題ー厚岸牡蠣「懐かしいね」食い放題は知内産!

 


North Snow isLandーより

Good by! 15,November,2018.

 

©️all written by windyjuly.

Hokkaido-So-ka Gakkai Newshinsya. 』

 

※このblogのすべての文章、写真などの著作権は、

 私©️windyjuly に帰属しています。
 無断引用および、無断改ざんなどが発覚した場合には、
 著作権法により、損害賠償を請求いたします。

- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/77
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :