心理的虐待社会の蔓延と批判―社会的悪性サディズムを問う | Social Stalking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
心理的虐待社会の蔓延と批判―社会的悪性サディズムを問う



自分を顧みることない虐待気質が、他者へ向けて嫌がらせ行うという精神性。これは、良識者たちによる、利害にとらわれない観察が必要かもしれない。単純にこうした陰湿極まりない行為に対して結論を示せば、これは憂さ晴らしであり、サディズムである。しかしここで問うのは、社会的悪性サディズムによる虐待的な気質についてである。

日々、社会生活で抑圧された鬱積の一端を、さりげなく他者へ示すことにより、快感を得るとされる気質者に対する報告がある。もっとも、彼らの多用する手段としての行為には、精神的な嫌がらせとして知られるモラル・ハラスメント行為をはじめ、GPSネットワーク網を通し、標的者個人のプライベートソースを入手し行うとされる、仄めかし活動行為などが確認されてきている。

こうした悪意的な行為を裏付けるソーシャル・システムを確認している。
(2008年3月25日付公広報誌による)
GPS機能付きの携帯電話を活用し、一般には流れることのない不審者情報などのやりとりを、防犯情報として配信しているシステムである。建前と実態。これは筆者が常々、痛感してきていることでもあるが、このシステムを諜報的な活動や、情報提供者の存在、そして情報保全的フレームなどとの総体視から窺うことによって、これらの情報提供従事者並びに配信者側が、サディスティックな気質者であったと仮定すれば、大いにこのシステムが、心的虐待への転用化へと歪められていくことは、人間気質的な角度からも立てることのできる考察として、成り立つものだと考えている。

また一部、歩行中に大きな音を出したりを繰り返し、条件付けを行ったり、車のパッシングライトなどによる、被害意識を刷り込むとした手法が各地で確認されてきている。被害妄想的な議論への反駁として、これらの心理的な虐待行為として利用される、光や音を受ける人的な影響はすでに、イラク有事における収容者への虐待行為として、元米国軍人による内部告発者の存在からも、公的に知られている事実である。(国内ではBSにて放映済)こうした、心身的な虐待行為を利用し、こうした手法を、虐待ネットワーク的な存在者らが用いていると推測される。(※筆者も周囲の虐待参加住民からの類似行為を計測し、継続的に確認済)

またこうした虐待社会下における、子供への心理的発育は計り知れない。多大な心的悪影響を持っていると考えられる。それは、親は社会の影響による心的虐待から生じる苦痛、フラストレーションを受け、そうした親からの発散的影響を受けて、子は育つことからも理解することができる。同時にここには、幼児虐待という養育的問題への入口に対する含みを示唆している。少子問題という量的な問題ばかりが、世の中で取り沙汰されているが、心理的及び質的な面、人間精神的側面からの、養育的義務へのアプローチを図っていかなければならないのではないかと考えている。

意識的にせよ、無意識的にせよ、これら陰湿な精神性を発散させる存在が社会的な有力さを備えたとき、社会一般が受けることになるダメージもまた、悪性サディズム的である。プライバシーを侵害する、心的虐待社会が蔓延っている。荒さがしをし、落ち度を見つけては、天下を取ったかのように高笑い、人格的攻撃を繰り返す者たちの存在は、義務教育内でも確認することができる。


いじめ問題。この集団的な迫害意識がもたらしている、心理的な虐待行為もまた、虐待社会のインフラを示していると推察する。国内の良識者たちが、悪性サディズムに対抗できずにいるのは、気質的な検証から見ても頷ける。そもそも虐待的な欲求が希薄で、また、マゾヒズムに傾倒した気質でもなければ、尚更、こうした混沌とした心的虐待社会への自己介入ができないことも、利害関係的な背景作用もありつつ理解することができる。

彼ら虐待的な行為により、快感を得られる気質というものは、やはり悪性サディスティックな精神気質である。悪性と付けたのは、他者のプライバシーや人格といったものを無視し、あるいはそれらを踏みにじろうとする行為そのものにすら、強い幸福感を得ているのではないか、という疑念にも後押しされたものである。

人間の精神的な気質を束縛することは困難であるし、虐待に快感を覚える人物が社会的な力を持ったとすれば、一般世相に蔓延している、静かな迫害、虐待社会に改善策が示されてこないとした指摘もまた、熟慮俯瞰を必要とするものではあるまいか。

いずれにせよ、学校、職場、そして社会全般に今や暗雲立ち込めるかの如くのいじめ問題、いじめ自殺問題、自殺率世界一という実態を、経済的議論と同一一線上で、国民的直視と議論が必要であると、再度問いかけたい。


Copyright(C) 2007-2008 windyjuly. All Rights Reserved.
Keep insisting by you.TI knows the fact.I keep insisting.
JUGEMテーマ:健康


- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/58
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :