Verification1 Noise environment―騒音環境 | Social Stalking
Verification1 Noise environment―騒音環境
448x336

私の居住地区周辺では、宅地開発による新築、増改築工事が多い。
住宅街の細い通りにもかかわらず、自宅前を工事車両が頻繁に往来していた時期もあった。

私がこの地に転入するタイミングで、
「防衛省(旧防衛庁)」から、防音無償工事の案内書類が投かんされていた。
横須賀―厚木基地間を飛交う戦闘機や軍機等の飛行航路が変更になり、
現在も近隣一帯で、無償防音工事が行われている。

------------------------------------------------------------------------

身辺環境の異変を察知された方々の証言内容に共通する現象として、

・心理的異変
・環境的異変

といったものがある。
またそれらに加え、生理的異変などの自覚症状が付随した証言もある。


各証言者のHPやblogなどの証言内容で一致しているものは、

・嫌がらせ、侮辱などに該当する行為を、
 特定・不特定多数者らから散見したとする過程
・周囲での執拗な反復、意図的とも受け止めることのできる侮蔑的行為の集中的散見に
 よって、それまで何でもなかったありきたりな現象に対し、
 ネガティブな意識づけを誘発された、とする証言内容

上記のいずれも、
「身辺異常に対する認識は、人為的な侮蔑行為により生じてしまった」
とする証言になる。


この自己認識を、「被害」であるとする証言内容に対しては、
以下の複数視点で検証することができる。

\鎖隻騨的視点―
 証言内容は、ありきたりな現象に対する、過剰な被害意識の視点が作用している。
 ゆえに、「被害妄想」的な人物の証言である。

悪意人為性の視点―
 証言内容にある、ありきたりな現象に対する強い被害意識は、反復的な継続によっ
 て、心理的作用を刷り込んでいき、誘発させることができる。

------------------------------------------------------------------------

,蓮∪鎖静な問題であるとする、現時点までの社会的なとらえかた。
そして△蓮⊃邑⊃害領域への指摘。

この△了訶世排他的な状況は、証言にあるような非人道的行為が、
構造的存在によって密かに行われているはずがない、
という社会通念が支配的に蔓延しているため、
現時点までで実害自覚のない一般人への危機意識が、
収縮している現状を背景として、形成されているものではないかと考えている。

証言者の内容は精神的な問題であるとし、精神科医師らによる権威的な診断は、
弾圧的な悪意だとする指摘を、その可能性の根本から排除してしまう形になっている。


それでは、△鮠斂世垢襪燭瓩防要な、
集合的な悪意犯罪性を追求できるだけの立証と根拠はあるのか?

------------------------------------------------------------------------

△領場から、自身の身辺異変現象をとらえてみてもわかるが、
多くの場合、悪意を証明しようとする「物理的なscene」は、
悪意立証が困難な状況であるケースが多い。
それは、証言者たちを追い込む手口が、
「モラル・ハラスメント」などの、立証が容易ではなく、
社会的に取り締まることのできない、
精神的領域で展開されている可能性が強いからではないかと、考えている。
それは、学校内部でのいじめ自殺問題とも接触しうる。
 
つまり、ありきたりな現象に対する、
ネガティブな記憶の想起を刷り込まれた者の目線と、
条件付け、刷り込みがなされてはいない多くの一般人とでは、
その受け止め方や視点に大きな差異、
まるでその反応が違ってしまうということである。
だから、実害を受けている可能性を察知した人々以外は動かないし、その必要がない。

古文を借りて例えて言えば、必ずベルを鳴らしてから食事をとらせる犬は、
ベルを聞くだけで唾液を垂らすようになる。

多くの証言者たちの内容から、この特性を悪用した場合における心身的作用を読み取ることができるのは、心理学領域の研究者ならずとも、理解できると考える。

すなわち、日常的な環境の中で鳴り続けるベル(騒音の類)に悪意を忍ばせることで、
対象者への不快感助長を誘う。
指摘をはぐらかせるレベルで、日常的な現象を他意的な意識でとらえさせる。
そのように、なにもかも意識せざるを得ない心労的環境を構築し続けることで、
対象者への不快な心理的反応の誘発形成を目論みつつ、
結果として金を得ているとする、
一般的な常識観だけでは測り知ることのできない「利権構造的存在」が在る、
とのことから、現在、インターネット上でも様々に、
そして断片的に指摘されているのではないだろうか。


自宅上空の轟音は、工事騒音を飲み込み、潮騒を搔き消していく。

                        Ⓒwindyjuly


- | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/5
Trackbacks
刷り込み刷り込み(すりこみ)とは、動物の生活史のある時期に、特定の物事がごく短時間で覚え込まれ、それが長時間持続する現象をさす。刻印づけ、インプリンティングとも呼ばれる。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Artic
| 心理学ってすごい? | 2007/10/01 8:42 AM
Recent Comments
Search this site :