ストレス&コンプレックスコントロール | Social Stalking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
ストレス&コンプレックスコントロール


ストレス&コンプレックスコントロール

・自律神経法などにより、リラックスした状態をつくりだす方法

・太陽光を浴びて、セロトニン減少によるうつ症状を防ぐ方法

・観想や内観などの静的な方法


これらの他にも様々な専門的な手法はいくらでもみつかると思いますが、
重要なことは、呼吸を整えるという点にあると実体験から理解しています。

ストレスによる極度の緊張感の高まりに対して無防備でいれば、
高い確率で神経症を誘発し、その後うつ症状とされる状態に陥ることは専門的に理解されています。それは薬事治療への方向へ向かう結果となります。

このとき参考になるのは、プロスポーツ選手を始めとして浸透している、メンタルトレーニングも有効になると考えます。彼らは非常に緊張感の高い継続的な場で、結果を求められることはご存じだと思います。そうした場面では、緊張を抑えるのではなく、むしろその緊張自体を否定せずに体感していくこと。

同時に、俗に言う自己暗示的に肯定的な思考を形成していくことで、ストレスの発生する場面において、自分の神経回路反応を、事前につくっておく。そしてリラックスした状態から、緊迫的な場において、自分の能力を発揮できるメンタリティを培っておく。そのような心理的な強化を自らに促していくことも、恒常的に緊張状態に置かれた人々にとっては、非常に参考になると思われましたので、提供させていただきます。(私がスポーツに取り組んでいた時、こうした理論を導入していたら、もうちょっとマシな結果が残せたかもしれません・・・)

いくつかの専門文献が出版されていますので、書店などへ出向き、ご自身でページを捲ってみると、自分に必要なものが見つかると思います。

セロトニンの減少により、うつ症状の誘発とともに、一部の文献では、衝動的かつ、暴力的な傾向になることが知られています。これは自殺的な衝動や空虚感とのつながりも議論されています。日光浴により、これらの現象を防ぐことができると確認してきていますし、体験的にも理解しています。ただし、長時間強い紫外線を浴びることは、皮膚がんの原因因子として警告されていますので留意が必要のようです。

不快な条件付けによって、誘発されるフラッシュバックが、潜在的なコンプレックスと結びつき、よりネガティブな心理状態を加速させていくことがわかっていますので、こうしたソースなどを参考に、メンタル面における均衡を保つことも重要になると思います。

私は人の持つ自己免疫力を肯定的に解釈してきたので、専門家による専門的な治療やアドバイスとともに、参考としていただければ幸いです。

2 March,2008 windyjuly

Copyright(C) 2007-2008 windyjuly. All Rights Reserved.
※悪意的な模倣や引用は厳禁
※これらメンタリティな手法には一部、
詐欺商法的な悪意へと陥る要素を含んでいることに、十分ご留意ください。


JUGEMテーマ:健康


- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/49
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :