Okegawa stalking murder case―桶川ストーカー事件 | Social Stalking
Okegawa stalking murder case―桶川ストーカー事件
桶川ストーカー事件

グループ・ストーキングは公にはなっていないが、その片鱗が、桶川ストーカー事件に垣間見れる。

「嫌がらせを受けていた」というご遺族の言葉の中には、「犯人から」ではなく、「犯人たちから」とあった。これが、グループ・ストーキングとして知れ渡らないのはなぜか?

グループストーキング、ネットワークストーキング、gangstalking、集団ストーキング、Organization stalking、組織的ストーキング、ネットワーク・ストーキング。
呼び名は様々にあれど、これらは、単独的な行為だけではない実態を指摘し物語っている。

単独でのストーキングには、桶川ストーキング事件の影響によって、立法措置が講じられているが、複数人によるそれは誰もが知っての通り、社会的な議論はなされていない。むしろ、後者は懐疑な扱いと失笑を受け、被害妄想者としての型にはめられ揶揄される。

これで理解できるでしょうか。複数によるストーキングが、世論叩き台にのせられない理由と共に、隠ぺいされる意味がここに存在する。おそらく、ご遺族の方は痛烈に、身をもって実感しているに違いない。
「犯人による嫌がらせ」ではないのだ。
「犯人たち」による嫌がらせだったのだから。この殺人事件は。
ご遺族にとって報道は、加害者であり、味方でもあったと記されていた。
報道の二面性によって、娘さんを二度殺されかけたとさえ、ご遺族は語っている。
どうして未だ、単独犯による立法整備しかなされていないのか。

係わっているからではないのか。グループ・ストーキングに。
コインテイルプロという、FBIで開発され人々を駆逐していった歴史的な政府公認嫌がらせ行為を源流にして、今世の中を、エネルギーの波に同乗し水面下で駆け巡っている粛清。
グループ・ストーキングの存在を否定いや、”すっとぼけ続ける”理由を、
すべての民衆に、明瞭に示せ。
武器も持たず、報復の権利も持たない私たちに。


11Feb,2008 Ⓒwindyjuly

〜桶川・栃木・牛久の三国賠訴訟の勝利めざして〜
http://okegawa-support.web.infoseek.co.jp/topic060816.htm
- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/41
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :