Propaganda―イメージ戦略との対比 | Social Stalking
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- | - | -
Propaganda―イメージ戦略との対比


Propaganda―イメージ戦略との対比

Sストーキングの問題を一般に理解してもらうには、やはりマスメディアの力が必要だと考える。しかしマスメディアの動きに即座な期待が難しいこともまた事実。どこへ訴えても埒があかないという声があちこちに散らばる。だからネットで配信する。こういう流れが国内でも、理解を得やすいある種の「戦略性」が不可欠だと考えている。戦略という言葉に語弊があるならば、それは「客観的な工夫」というものに置き換えてもよいかと思う。広告業界で用いられている広報的戦略は参考になるかもしれない。この状況に陥っている方々は、自分たちが「周辺状況を理解できないでいた一般人」であったことを思い起こす必要があると思っている。そうすればいかに自分たちが陥っている状況というものが、一般生活者とは縁遠い出来事であり、興味を惹かない事象であるのかを見直すことができます。

販促業界でも、店頭販売でも、いかにして商品を手に取らせるか、目を惹きつけるか、そういった「販売戦略」が日々研究導入展開されている。企業広告に目を映してみてください。商品イメージやCMに起用するタレントイメージというものに対して、いかに神経質になっているかが理解できると思います。一旦陰湿なイメージが企業や商品についてしまえば、それは「商業的株式的な死」と等価になり、そして同時にこれらのことは何も、商品や企業イメージに限ったことではありません。

かつての湾岸有事の情報ねつ造を覚えていらっしゃるでしょうか。戦争における情報戦、プロパガンダでは、石油まみれの鳥による歪曲的演出や、偽りの証言をした広告業界関係者による偽装といったように、情報操作が多用されていた事実が、メディアに暴露されている。推測だが、その暴露自体にも情報戦の反映作用があると考えている。なぜそうした「嘘」をついてまで、情報を弄くる必要があるのか?そうれはいうまでもなく、一般的圧力を交わし、世論支援を受けるために必須であるから。一般的多数の歪曲的な協賛があってはじめて、不正が公正にすり替わる。それはプロパ発信者側からの利己的で一方的な、悪質な有力構造的一面であると考えている。

そうした観点から、これらSストーキングで展開されている証言と体系的弾圧手法に視点を移行すれば、いかにこの問題が発するイメージというものが、一般的な興味を惹かない陰湿な対象案件であるかも見えてくるでしょう。精神病理的で、被害妄想的な症状と類同する証言、警察は動いてくれず、診察を促される。Gaslightingで用いられる錯覚的な手口の数々は、フランス映画アメリにも描写されている。不法侵入をし、スリッパを置き換え、歯磨き粉をすり替える。

迷惑電話に葬儀社からのFAX,、薄笑いや誹謗中傷的な示唆的挙動や発言から始まり、公安、宗教、人種的利害に盗聴盗撮にヘリ威圧、過剰監視社会に対する口ごもり、低周波に有害電磁波、人工衛星〜という、身近にある不快な嫌がらせからはじまって、軍事機密的なエリアにまでフレームを囲う、これらの証言展開の流れが、非公開情報に基づく事実であっても、実害感無き一般生活層にとってみればいかに無意味で、隠微なイメージを持った、生活環境からは離れたものであり、決して手に取られることのないいわば「売れない商品」であることが、これらの持論により見えている。

それではどうすればいいのか。それは、誰しも内面に持っている「危機感」というものに対する訴えかけ。その危機感にタッチするためには、陰湿なイメージを持った、これら広義の社会的問題を、いかにして「商品としての価値を持たせるか」、すなわち、「ネガティブなイメージを持つ問題意識に対する危機感という『商品』を、手に取らせる必要性を感じさせることができるか」、そうした工夫が、個々に陥っている陰惨な状況に対しては、より強固に求められるものであるということを、持論としてここに示しておきたい。それは例えて言えば、前述の「アメリ」のように柔らかくデフォルメdéformerされた潜在的な手法を参考にすることも、一般的な認知化への足掛かりになりえるというヒント及び提案でもあります。


15 Jan,2008
Ⓒwindyjuly

※これらの問題を商品として置き換えて展開した持論は、直接的な商品価値や対価を求めるといった考え方ではないことにご留意ください。
- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/34
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :