Conversation in front of home ― 「Has that died? Did you kill again?」 | Social Stalking
Conversation in front of home ― 「Has that died? Did you kill again?」

>市街を歩行中、闇空のサーチライトは私の足元をかすめ照らしていった
Movie 騒がしい空―The noisy sky
http://video.google.com/videoplay?docid=3644835952031512964


------------------------------------------------------------------------
Conversation in front of home ― 「Has that died? Did you kill again?」
自宅前での会話 「死んだの?また殺しちゃったのね?」



去る10月10日の朝方。
自宅前でのある会話が記録に残っていた。
無論、これをもって「実害だ!」と訴えるわけではない。
これまでの周辺各情報収集の経緯から蓄積された知識を組みあげ、
そうした仮説を前提に踏まえてみれば必然的に、
それはGang Stalking層の計略にはまり込むことを示す推察に落ち着く。

いくらなんでも不謹慎ではないだろうか―
「死んだの?また殺しちゃったのね?ハハハ」

この言葉の前後、そしてこの言葉から広がる裾野や背景というものを、
当事者以外が知らないのは当然だが、
この言葉の前に、蝿でも蚊でも、ゴキブリとでもつけさえすれば、
いくらでも真意をはぐらかし、言い逃れることも可能だということがわかる。
この点を彼らはしっかり押さえているから、
非合法性的な一般社会指摘から距離を置くことができるのだ。
道徳観、倫理観すらもたくみに悪意に取り込んで、
「あら、そんなつもりはないですよ」と。

いい大人、しかも社会的に有力な立場を有している方の、戸外における会話である。
私はこの一点、言葉じりを捕らえて指摘しているのではない。
この実態、これまでの周辺背景、
経緯を指し示す必要性がこの一点に存在しているのではないかと、
苦痛に苛まれ、原因を探し続ける人々に伝えたいと思っているだけだ。

なぜ、何十年もありきたりにやり過ごしてきた現象に対し、
不快感とともに他意性を意識する人々が蔓延し始めているのか?
精神的疾患という狭義に箱詰めされ、
そこに押し込められてしまえば処理できる問題ではなく、

これが、人間であれば正常な反応の末に形成されていく心身的呼応性質であることを、
未だ実害感のない人、そしてリアルな実害に囲い込まれている人々へ伝えようと考えた。

こうした人間心理を、主体思想の基に肯定する存在が、
この国内の人々の、まさか、という「懐疑心」の中に姿を隠していることを、
そして日々、犠牲者が連なっていることを、もう一歩突っ込んで知り得なければならないと、国内自殺者の統計表を見据えながらもそう思う。
この世に生き残る人々は、この推移をどう感じ捉えるだろうか?

精神的な疾患でも、被害妄想でもなく、それを否定する根拠は、
いやがらせの実態蔓延とその物証、
そうした指摘に誘導していこうとする者たちの、横のつながり、
そして論理的矛盾とによって示すことができる。

その論拠に対して、
一般者に最終的に立ちはだかるのものは、有力構造層の盾である。
利権構造としての障壁である、と言い換えてもいい。特権層の壁。
彼らにとって、自分たちの矛盾を示す者は、その論理整合性などどうでもいいのだ。
それをどうでもいいとすることができるだけの、
一般層が持ち合わせてはいない力を誇示するかのように。


このGangStalking指摘を調べていけば、
必然的にカルトストーキングネットワークに接触することになる。
そう、フランスなどではカルト団体として認識されている宗教法人他、諸団体。
これだけの指摘が溢れているなか、公然と彼らは、
それらを否定する見解を示しているのだろうか?
指摘には更なるいやがらせで対応している様子が、人々の声から届いてくるし、
周囲ではそれら証言と、無為同質のメンタリティハラスメントが転がっている。

ある国が拉致問題に対してそうしてきたように、
無反応に徹しているだけで、それは実は、無視というはぐらかしなのではないのか?
証拠を残さず痛撃を与えることのできる、低周波・高周波、レーザー、メーザー、
音波、電波、電磁波といった電磁気的、痛撃転用可能技術機材が流出しており、
隠し持っているとする指摘や憶測は様々に飛び交っている。
それら大衆の憶測を支えているものは、
それだけの組織力、資金力、そして折伏といった手法による強制マインドコントロール、攻撃的な大勢やその歴史的俯瞰に基づいているのではないか。
個敵に狙いを定め、集団的な組織力の統一化を図る。
しかしこのことは、在日特権や同和問題といった半ばタブー視された領域にあるためか、わざわざ平穏な生活者が突っつくことはないことは自明の理である。
指摘は差別ではなく、矛盾点に対する違和感である。
そして一部のジャーナリスト有志は、ここに問題の根があると指先を向けている。
公開情報内でもがき続ける人々に彼らは、
ほのめかしではなく、「問いへのヒント」を投げかけてくれている。

話を身辺に戻すが、
この嫌悪感を巧みにはぐらかしつつも投げつけてくる一家をはじめとする、
一部の利権ネットワーク住民から、
これまでにもさまざまな形で精神的な被害を受けてきたこと。
いつでもその確証を公開するいくつかの準備を済ませることができた。
私は何ひとつ、彼らに対する侵害行為も、侮辱行為も、迷惑行為もしていなかったと断言する。
そんな経緯の中、心理的に憔悴から脱したある日を境にして、
私の身体や頭部は、苦痛にさらされている自覚がある。

それは世間的既知のものから例えていえば、
電磁波過敏症や、低周波振動的な不快感として示すことができるだろう。
不定愁訴感、これらがもし生体自然発生的な病状であったとするならば、
どうしてその前後に、いやがらせが行われてきたというのだろうか?
これが病気なら、
なぜゴミ屑を投げ入れる者や、
ポストを覗き込む輩などの行為が記録に残るのか?
なぜ、面識もない一部の者が玄関先の柵に腕をかけて、嗚咽を繰り返す記録が残るのか?
これが、インターネットで表層化し明らかになった、
この国に巣食う社会精神的構造、その一端なのか?

証拠の残らず、身体に痛撃を与える技術がまるで存在するかのように。
まるでそれは、軍需技術の民間漏えいと利権享受のように。
まるで、情報格差の基に広がる優越感のように。

誹謗中傷、嘲笑、そしてほのめかし。
私の人生は確実に縮められている、
そうした可能性を示す根拠をばらまき続けていくしか、道筋はないようだ。
歪められてきた短からぬ時間を、気のせいで受け流してしまうのではなく、
物証をもって正常な心理的な反応であることを示すことは、
それを頭から否定してやろうといった、
意固地で計略的意図を持たない柔軟な方々に対してであれば、
いくらでも同意を受けることができることは実証済みだ。

私自身もいつの日か、彼ら人脈によって、
ある日の苦痛に苛まれ、弾きだされた言質をもとに、
あらかじめ計略化されたシナリオの中で、
迷惑者や犯罪者などとして、
でっちあげられた事態に誘導される可能性があることも、
少なからぬ助言や証言からも理解している。
現実に数度、そのうような状況に囲い込まれたこともあり、その矛盾した記録も残っている。
この街の住人の多くもまた、生活安全条例による防犯ネットワーク構成的なつながりがある。
その構成員には、宗教関係者もいれば、在日層などもいることがわかっている。
そして公安による活動費を土壌、背景にして、
そこに利権という沼に手を突っ込む人々がいることは、推察だが見えてきてはいる。

これらネットワークは本来、
非合法的な人物に対する犯罪抑止の観点から構成されることが建前にあっても、
実害無き一般者には、この私的悪用に対する理解も興味も派生しない現況がある。
このことは、歴史的な背景からも読み取れる。

自宅前で「死んじゃったの?また殺しちゃったの?」などと会話をはじめる人物も、
カルトに高笑い騒ぎ立てる輩も、
そうした横の繋がり、ストーキングネットワーク構造にしっかりと根付く、
地元の有力者であるし、
彼らが人々のプライベートを弄んでいる根拠を示すこともできる。
時に不快感をありきたりで日常的な態度を誇張することで、
一般者にさとられることなく示し、
狙い澄まし条件づけた相手の反応を、
「合法的残虐性」のもとで、口元を歪ませている。

時に、blogの記載内容から、
私の反応パターンを読みとって、メンタリティハラスメントに反映させていく。
違和感の残った突発的工事を試しに記録に示してみれば、読み通り、
数日後、彼らの玄関先では騒音工事がはじまり、
http://silentbellwindy.blogspot.com/2007/10/unnatural-point-to-have-caused-doubt.html
一か月前に行っていた全く同じ場所で、なぜか再び水道工事がはじまるといった、
懐疑的に受け止めざるを得ない環境を構築しておきつつ、違和感を誘導派生させ、
「被害自覚」の強化を目論み、統合失調症、被害妄想者として陥らせていく、
といった手合いが構成されていく。

このネットワークストーキングに対する世論への危惧伝達を、
スポンサーに回収されて身動きの取れない高給マスコミ人員には期待できないことを理解し、さまざまな人々が、苦痛と揶揄に取り囲まれて、
時に自身のプライベートをネタとしてメディアに売り込まれ、侮辱受けながら続けている。
そしてその過程における障害としての、精神医学的な介入。
これは精神医学を否定するのではなく、
不快感自覚証言者の周辺実態の検証の希薄さをもって、障害であると指摘するものであり、さらなる発展性を阻害する意見ではないことを付け加えておきたい。

やはりネットでの情報は、リアルな影響を及ぼさないのではないか、そう嘆いた友もいる。それでも具体化していく方法を諦めずに、と言ったら、再び彼は苦笑いを取り戻した。

ここで記す内容はすべて、実態はさておき、本来この情報を必要としていない人々と、
そして迫害苦痛に苛まれ、方向感を失った人々に示すものである。
迫害妄想と、迫害行為の意味を混同することなく、実態を知り、
それら心理的工作等による実害を認識し、主張を示す方々の志に共振したものである。
blogやサイトを構成し、更新を続ける人々への呼応である。

そうした人々が邪険にされ、主張をネット内にのみ押し込められ、
社会的支援を受けられていない現状の放任こそが、
迫害作用の一端を示していると、私は思うようになった。

自分自身が抱える問題と、自身を囲い込む問題との狭間でもがく人々へ。
迫害行為者、及び特権意識で満たされ、
他者を見下すような精神性を形成し、
野放しにして嘲笑う者のすべては関心の外にある。

それでしつこくもつきまとってくる者たちを、国内外では何と呼ばれているか?


                              Ⓒwindyjuly

実際の動画(音声)ファイル―
http://video.google.com/videoplay?docid=8790288201917979012
- | comments(0) | trackbacks(0)
スポンサーサイト
- | - | -
Comments
Post a Comment










Trackback URL
http://socialstalkin.jugem.jp/trackback/18
Trackbacks
Recent Comments
Search this site :